日本の投資家AFURO KENブログ

医師として働きながら米国株、IPO中心に投資してます。収支や学んだことなど振り返っていきます。

【経済を知る】高収入にも関わらず、医者が貯蓄出来ない理由とは?

皆さんこんにちは、日本の投資家兼医者のAFURO KENです。

 

今回は、高収入であるはずの医者が、なぜ貯蓄が出来ないのかに関して検討します。

 

貯蓄画像

 

目次

 

 

 

貯蓄の元となる医者の年収とは?

地域によって差がありますが、外科医である私の経験から大体の手取りをまとめさせていただきました。地方病院、民間病院、開業医などは年収が高く、都会の大学病院などは安い傾向にあります。

 

研修医 手取り 20-50万 年収 300-800万

若手医師 手取り 50-90万 年収800-1500万

中堅医師 手取り 70-110万 年収1200-2000万

ベテラン医師 手取り80-130万 年収1500-2500万

 

私は中堅医師に属しますが、大体年収1500万程度で、手取りはばらつきがありますが、80万強と言った形です。

 

このように、一般的に医者は高収入と言えるでしょうが、それではなぜ貯蓄できないのでしょうか?

 

 

医者が貯蓄出来ない実例

参考になるかはわかりませんが、私の例を挙げます。

 

個人情報でもありますので、むしろ少な目に見積もることとします。

 

電気 1万

ガス 0.5万

水道 0.5万

携帯代 3万 (家族分含む)

保険 3.5万 (年金保険2万円分、生命保険1.5万)

駐車場代 2万

マンション 15万

食費 20万

交通費・宿泊費 10万

学会年会費 (1月分) 1万 

重量税など車の維持費、ローン 10万

 

合計 約66.5万

 

自分で調べてみてびっくりしました。

 

実際にはこれよりも少し多いです。

 

なぜこんな事が起こるのでしょうか?

 

 

医者が貯蓄出来ない原因の検討

 高額な項目を考察していきます。

 

マンションは高いと思われるかもしれませんが、都会の医者ははっきり言って大体こんなもんです。(こちらは田舎の民間病院なら全額出してくれることが多いです。)

 

一人暮らしならもう少し安いでしょうが、それでも田舎でなければ8万以下というのはないのではないかと思います。

 

次に食費ですね。

 

医者は仕事関連の飲み会がとにかく多いんです。

 

基本的にコメディカルよりも多めに出したり、場合によっては全部奢ります。

 

また、医者同士の付き合いは高級な飲食店が多く、激安チェーン店などには研修医でもなければ滅多に行きません。

 

後輩医師にはもちろん奢ります。

 

私はもう奢ってもらえることは少なくなりました。

 

研修医や学生など来ると大変なことになります。

 

そして若い男性医師同士の飲み会の後は女の子のいる飲み屋に行くこともあり(私はあまり好きではありませんが、付き合いで仕方なく行きます。)

 

我々が医者と分かると法外な値段でぼったくってくることも多いです。

 

20万なら少し少ないかもしれませんね。

 

交通費ですが、医者はとにかく出張が多く、月に最低1回、学会シーズンの秋には毎週出張することもあります。

 

新幹線、飛行機、宿泊費などでかなりの額が消えます。(こちらも田舎の民間病院なら全額出してくれます。)

 

また、学会の年会費、専門医登録料なども各学会ごとに数万円単位で請求されます。(こちらは病院では出してくれません。)

 

上述しませんでしたが、その他関連するものとして医学書の購入費もあります。

 

特に若い医者は下手したら数万円する本を大量に買う必要があります。

 

最後に車関係の費用ですが、私もそうですが、医者は高級車に乗ることが多いので、ローン、維持費はかなりかかります。(家が金持ちなら買ってもらえることもあり。)

 

若手医師でも1000万ぐらいする外車を所有しているケースが多いです。

 

こうなると、高給とは言えど、急な出費なども考えるとなかなか貯金することは難しいです。

 

私はこの中からなんとか投資用に貯金し、自分の実体験からこのブログを運営している次第であります。

 

貯蓄画像

 

医者が貯蓄できない理由まとめ

医者が高収入にも関わらず貯蓄できない原因に関して、私という実例を挙げて考察させていただきました。

 

医者特有の出張、学会、医学書コメディカルとの付き合いなどもありますが、高級車、マンション、高級飲食店はそれ以上に原因だと思います。

 

世の中の経済に貢献することも大切ですが、投資や急な出費のためにもある程度の貯蓄は必須であると思います。

 

もしお金のことだけを考えるのであれば、マンション代、交通費・宿泊代を出してくれる田舎の民間病院で働くのはありだと思います。