日本の投資家AFURO KENブログ

医師として働きながら米国株、IPO中心に投資してます。収支や学んだことなど振り返っていきます。

【経済を学ぶ】累進的配当政策を公言する国内株式銘柄まとめ【夢の配当生活】

皆さんこんにちは、日本の投資家AFURO KENです。

 

今回は、【経済を学ぶ】累進的配当政策を公言する国内株式銘柄まとめ【夢の配当生活】ということでお話ししていきたいと思います。

 

累進配当銘柄画像

 

当ブログが運営するYouTubeチャンネルは以下をご覧ください。

 

有益な情報を提供しますので、是非ともチャンネル登録をお願いします。

 

www.youtube.com

 

目次

 

累進的配当政策って何?

実質減配はせず、少なくとも今の配当を維持、可能なら増配するという配当政策を累進的配当政策と言います。日本ではまだ導入が少ないですが、米国株には、実質50年以上連続増配している銘柄が沢山あります。

 

少しハードルは上がりますが、ご興味をお持ちの方は以下をご参照下さい。

 

www.afuroken0307.com

 

www.afuroken0307.com

 

三菱商事

まず最初は三菱商事です。

 

三菱商事株式会社は、三菱グループの大手総合商社であり、いわゆる5大商社の1つです。設立は1950年です。日本で知らない人はいない程の大企業です。

 

株価に関しては、上がり下がりが激しいですが、ここ10年間はほぼ横ばい。

 

配当に関しては、連続増配5年間、20年間減配なし、配当利回りは4.65% (2019年10月11日)となっています。

 

業績は2020年、2021年予想ともに増収増益予想で右肩上がりです。

 

さらに累進的配当政策を公言しているとのことですので、かなりお勧めの銘柄となります。

 

詳細に関しては以下の記事をご参照下さい。

 

www.afuroken0307.com

 

 

三井住友フィナンシャルグループ

2番目は三井住友フィナンシャルグループです。

 

株式会社三井住友フィナンシャルグループは、三井住友銀行SMBC日興証券などを参加に置く金融持株会社です。2002年に三井住友銀行、株式移転により設立されました。日本で知らない人はいないであろう巨大企業です。

 

株価に関しては、この10年間で横ばいからわずかに上昇しているような状況です。

 

配当に関しては、累進的配当政策を公言しており、配当利回りは5.01% (2019年10月11日)と5%を超えています。

 

業績に関しては、右肩上がりの増収増益ではありませんが、大きなマイナスもなく、2020年、2021年予想も安定しているようです。

 

業績安定、高配当で累進的配当政策を公言していることからお勧めの銘柄となります。

 

 

詳細に関しては以下の記事をご参照下さい。 

 

www.afuroken0307.com

 

 

日本エスコン

3番目は日本エスコンです。

 

株式会社日本エスコンは東京と大阪にそれぞれ本社を置く不動産会社であり、1995年に設立されました。2001年に東証一部上場となっています。

 

この10年間の株価の推移は、2018年頃から一時下落しておりますが、2019年に入って持ち直しており、全体的には右肩上りとなっております。

 

配当に関しては、2016年から累進的配当政策を公言し、配当利回り3.39% (2019年10月11日)とそこそこの高配当となっております。

 

業績に関しては、業績は2020年、2021年予想ともに増収増益予想で右肩上がりです。

 

業績も好調、そこそこの高配当で累進的配当政策を公言していることからお勧めの銘柄となります。

 

詳細に関しては以下の記事をご参照下さい。

 

www.afuroken0307.com 

 

いちご 

最後はいちごになります。

 

いちご株式会社は東京に本社を置く企業であり、2000年に設立されました。J-REIT運用を始めとした総合不動産サービス事業の他、クリーンエネルギー事業を展開しています。2002年に東証一部に上場しました。いちごとは「一期一会」に由来しているそうです。

 

ここ10年間の株価の推移は、2013年までは大幅に上昇、それ以降は上がり下がりはあるもののほぼ横ばいといったところです。

 

配当に関しては、累進的配当政策を公言しており、少なくとも2014年以降は2019年までの5年間は連続増配を続けています。

 

しかしながら、配当利回りは1.63% (2019年10月11日)とやや物足りない状況です。

 

業績に関しては年によって多少の上がり下がりがあるようです。2019年(2018年3月〜2019年2月)に対して2020年、2021年予想は少し控えめで、2020年は配当も据え置きのようです。

 

累進的配当政策の公言してはおりますが、業績は一進一退、今期は配当も据え置きで現在の配当利回りも今ひとつですので、投資は慎重に行った方がいいかもしれません。

 

詳細に関しては以下の記事をご参照下さい。

 

www.afuroken0307.com

 

累進配当銘柄画像


まとめ

【経済を学ぶ】累進的配当政策を公言する国内株式銘柄まとめ【夢の配当生活】ということでお話しさせていただきました。

 

ほとんどが業績も好調でお勧めの銘柄ですので、皆さんも投資を検討してみてはいかがでしょうか?

  

当ブログが運営するYouTubeチャンネルも是非ともお願いします。